環境工学科
 

・「ものづくり」「デザイン技術」を体験的に学習し、土木技術のスペシャリストを育成します!
・測量士国家試験、土木施工管理技術検定など国家資格に合格できます!
・国公立大学、公務員、建設業など充実した進路選択を提供します!
 

 
環境工学科通信
12345
2019/02/13

アーク溶接特別教育講習会が行われました。

Tweet ThisSend to Facebook | by 環境工学科
2月9(土)~2月11日(月)の3日間にかけて、アーク溶接特別教育が行われ、環境工学科・生物生産科の生徒総勢71名が受講しました。3日間無事に講習会が行われ、全員が合格しました。
 
 
09:34 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2019/01/21

平成30年度環境工学科課題研究発表会

Tweet ThisSend to Facebook | by 環境工学科
月17日(木)、3年生が環境工学科で3年間学習してきた事を基に、研究活動を行った成果を発表する「課題研究発表会」を開催しました。測量学習や土木工事に関すること、自然環境や野生生物に関することなど4つの研究が発表され、どの研究も素晴らしいものでした。参加した1・2年生も食い入るように発表を聴いていました。
 
 
09:01 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2019/01/15

2級土木施工管理技術試験に33名合格しました。

Tweet ThisSend to Facebook | by 環境工学科
1月10日(木)、2級土木施工管理技術試験の合格発表があり、2・3年生合わせて33名の合格が発表されました。全国の合格率が約55%なのに対して、本校では約80%の合格率を得ることができました。合格者の皆さんおめでとうございました。

2級土木施工管理技術検定合格者
10:25 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2018/12/28

「女子高生と女性技術者との懇談会」「ため池見学会」

Tweet ThisSend to Facebook | by 環境工学科
12月26日(水)、群馬県建設企画課主催の「建設系学科の女子高生と女性技術者との懇談会」に、環境工学科の1・2年生3名が参加しました。建設業、測量設計業、建設系の公務員の方々と意見交換し、今後の進路選択の参考としました。また、同日、群馬県農村整備課主催の「ため池見学会」に2年生5名が参加してきました。ため池は地域によっては農業用水を確保する重要な水利施設ですが、地震や豪雨による破損や決壊が全国的に問題になっています。群馬県の農村整備事業について学んできました。
 
女性技術者との意見交換会                   ドローンの操縦体験
 
ため池の役割についての講義                 現場見学(土質試験)
10:00 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2018/12/21

2年生が鉄筋コンクリートの型枠施工実習を行いました。

Tweet ThisSend to Facebook | by 環境工学科
12月5日(水)、12日(水)、19日(水)の3日間にかけて、2年生が鉄筋コンクリートの型枠施工実習を行いました。これは、群馬県職業能力開発協会主催のマイスター派遣事業を活用したもので、生徒は基礎から施工技術を教えていただくと共に、熟練の技術に触れることができて大変勉強になりました。
 
 
15:25 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2018/12/19

1年生が「中之条電力」の見学に伺いました。

Tweet ThisSend to Facebook | by 環境工学科
12月17日(月)、1年生が中之条町にある「中之条電力」の小水力発電施設の見学に伺いました。今後、持続可能な社会を形成していく上で必要不可欠である自然エネルギーについて、その利用促進と環境保全について学ぶことができました。
 
 
14:44 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2018/12/03

中之条町に灯りをともしました。

Tweet ThisSend to Facebook | by 環境工学科
11月21(水)、「中之条町行灯まつり」に、3年生のルーラルエンジニアリングを専攻している生徒が製作した行灯を設置しました。今年もJAあがつま中之条店の敷地内に展示しています。是非ご覧ください。
 
 
14:09 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2018/11/28

1年生がコンクリートの打ち込み実習を行いました。

Tweet ThisSend to Facebook | by 環境工学科
11月16日(金)、1年生がコンクリートの打ち込み実習を行いました。コンクリートはセメント、砂利、砂、水を一定の割合で混ぜ合わせた土木材料で、一般的に使用されています。これまで座学において学んではいましたが、材料の計量、練り混ぜ、打ち込み、均しなど実際に取り扱うのは初めてになります。生徒は楽しそうに実習に取り組んでいました。
 
型枠の製作                    材料の練り混ぜ
 
コンクリート打ち込み後の均し           硬化後の型枠の取り外し
09:00 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2018/11/20

1年生が測量の最新技術を学びました。

Tweet ThisSend to Facebook | by 環境工学科
11月9日(金)、1年生が測量技術講習会を行い、3Dレーザースキャナーを学びました。地形をスキャンしてデータとして取り込む技術ですが、同時に地理情報(距離や高さ、座標など)も取得できます。精度もここ3年ほどで良くなったということで、新技術として期待されています。技術革新に生徒は驚きを隠せない様子でした。
 
器械操作の説明                  操作体験と測定
 
講習会の様子                   実際に取得したデータ
09:26 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2018/11/19

建設機械の操作実習を行っています。

Tweet ThisSend to Facebook | by 環境工学科
3年生の「総合実習」の授業で、建設機械の操作実習を行っています。夏季休業中に取得した、小型車両系建設機械特別教育の資格を生かし、実際にブルドーザ、バックホウ、ホイールローダを運転します。生徒は悪戦苦闘しながらも大きな機械の操作に大興奮しています。
 
ブルドーザ                    バックホウ
 
ホイールローダ                  実習の様子
09:30 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
12345